サイトメニュー

浪費癖は治療改善が可能

医者と看護師

依存症の種類

依存症にはアルコール依存やギャンブル依存症などがありますが、実は買い物依存症があることも知っていますか?浪費癖は病気ということになるんですよ。浪費癖が現れる病気では必要のない物を大量に買ってしまったり、衝動的に同じものを何回も買ってしまうなどの症状が顕著になります。また、ストレスを感じたり、イライラを落ち着かせるために物欲を満たしてしまうのも原因としてあります。また、どんとんエスカレートしていくとイライラやストレス発散のためにお金を使い果たしてしまい、借金地獄などに陥るリスクも大きくあります。なので、ポイントとしては早期発見での治療を始めることです。治療法には心療内科での医師とのカウンセリングやグループでのカウンセリング療法なども受けることができます。グループカウンセリングの特徴としては、同じような依存症や浪費癖や病気で苦しんでいる人たちと気持ちを共有しながら、改善に向かって進んでいくことができることです。皆が体験者なので、第三者からの誹謗中傷を受ける事もなく安心して病気の治療に専念ができます。医師とのカウンセリングを行う場合も相性などが重要になるので、いくつか心療内科を受診してから相性のいい医師やカウンセラーを探しましょう。また、現金やカードを持たないようにするなど、浪費を防ぐ環境を作ることも効果的な方法となります。お金の管理を家族やパートナーにしてもらうのも1つの方法です。1人で悩まないでまずは病気であるという事を認識して、治療を始めていくことが重要ですよ。

浪費癖を治すには?

あなたは次の状態に当てはまっていませんか?常にお金がない。貯金ができない。この二つに当てはまる人はもしかしたら浪費癖がある可能性がありますよ。ここでいう浪費とは、単純にお金を使うことではなく、生活に必要ない物を買ってしまったり、ひたすら快楽や欲望のために使ったりすることを浪費と言います。例えば、読まないのに定期購入している雑誌なども浪費に含まれます。また、ギャンブルはもちろんですが、コレクション収集なども度を越えると浪費となってしまいます。ではどうしたらこの浪費をなくすことができるのか?改善するためのいくつかのステップを紹介します。まずは自分が何に浪費をしているのかを自覚することから始めてみましょう。例えば、必要以上に外食にお金を使っているなど実際にお金を何にどれだけ使っているかを思い出しましょう。次のステップが対策をたてることです。外食にお金を使っているのであれば、月に1回と外食の日にちを決めたり、簡単なお弁当作りを始めたりなど代替え案を考えて実践してみることが重要です。また、身近に理解のある人がいれば、相談してみるのも1つの方法です。欲しいものがあるけど、この価格で買うのは適正であるか?もしくは趣味にお金をいくら費やしているけど、おかしいかな?などお金の価値観について話してみることで気づくこともあるのでオススメです。身近に話せる人がいなければ、プロのカウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんよ。このように早期の改善、対策を行えば、浪費癖や病気となる前に予防することもできるので、まずは自分のお金の使い方について振り返ってチェックしてみましょう。

Copyright© 2019 浪費癖になりやすい人の傾向と病気の治療法について All Rights Reserved.